二次会幹事代行とは

結婚式二次会の幹事代行について書いています。

結婚式は新郎新婦に関係の深い人を招いて行い、二次会は多くの人と共に楽しみたい、というのが一般的なイメージです。
結婚式二次会は結婚式本番ほど堅苦しくなく、通常はゲームなどをしてフランクに楽しむものとして開かれます。が、その二次会の内容もしっかりと重視して決めていかなければなりません。結婚式に招けなかった人たちに祝ってもらいたい、そしてせっかく来てもらったのだから楽しんで帰ってもらいたい、そのためにも企画力を始め進行力の高い司会者や企画者が必要ですね。
自分の知人にそういう高い能力の人がいれば助かりますが、相当なスキルが必要なので、一般的にはプロの二次会幹事代行に任せるのが良いでしょう。

結婚式の二次会は大体4〜5ヶ月前から始めたいところです。ゲストのリストアップ、会場選び、招待状の発送などは新郎新婦が進めていくところになります。実際の内容はプロが考えてくれるので、どんな式のイメージにしたいかのアイディアをまとめていくことが重要です。そして二次会当日に向けてやることリストを作成してスケジューリングし、役割分担して進めていきましょう。

それから本番の4〜5ヶ月前には幹事さんにお願いして信頼できる人に早めに依頼をかけていきましょう。プロに任せる場合にもその時期には相談しておくことが無難です。
そして二次会を開く会場を決めていきましょう。選ぶ基準としては人数だったり、かかる予算、そして実際に必要な設備など、条件に合うところをいくつかリストアップしていきましょう。

そして3〜4ヶ月前には下見を終えて、会場を決定します。混雑するシーズンがありますので、予約はなるべく早めにしておくことが鉄則です。そして会計担当者を事前に決めておき、必要な予算を誰に手渡すか、清算方法などシビアに管理できる人を決めておきましょう。

そして本番の1〜2ヶ月前には招待状を送り、返事のとりまとめを行っておきます。(返事の追いかけ)予算の関係上、二次会で使える額の決定のために人数把握は最重要です。ゲストの顔ぶれに合わせて席や演出を決めていきます。
収入が確定したら演出・景品に使える費用を割り出して、実際の演出・企画を決めていきます。余興やスピーチが必要な場合は早めに依頼しておき、会場で使える備品や持ち込み品のチェック済ませておきましょう。

そして迎える二次会本番です。
やはり安心感・安定感があるのが二次会幹事代行の良さですね。知人に頼むことができればゲストをよく知っている関係でよりアドリブの利く演出ができますので、可能であればそちらの方が良いですが、中途半端になるようであれば二次会幹事代行へ。

結婚式の二次会幹事代行 横浜・東京・名古屋|二次会iStyle